交通事故と免許失効

交通事故と免許には密接な関係があります。
事故を起こしてしまった場合免許の事故点数が加算されて一定の点数になってしまったら免許は取り消しになってしまいます。
必ず免許の取り消しになるのではなくて、事故や違反の度合い、その状況を見て違反点数、事故点数、さらに付加点数などが考慮されて免許が失効になってしまう可能性もあります。
余程大きな交通事故でない限り免許が失効されることはありませんが、度合いが大きかったり人を巻き込んだ人身事故になってくると、一気に違反点数が加算されてあっという間に免許が失効してしまいます。

人的被害を起こさない物損事故・自損事故と、人間を巻き込んでしまった人身事故とでは責任を負う義務の内容も異なってきます。
免許の点数も責任を負う度合いによって大きく変わってきます。
交通事故によって免許が失効しないためには、日頃から安全運転に心がけて運転することが重要になります。
一発で免許が失効してしまったら、生活に影響してしまう可能性がありますし、人身事故であれば相手やその家族にまで多大な迷惑をかけてしまう可能性があります。

そうならないためにも日頃から安全運転を心がけていなければいけません。
当サイトでは万が一交通事故になってしまった場合、どのような状況であれば免許が失効してしまうかを説明しています。
自分がどのような交通事故を起こしてしまったら免許が失効してしまうのかを知るきっかけになれば幸いです。



◎特集
交通事故に遭ってしまった際の示談金・賠償金について弁護士に相談が出来る法律事務所のサイトです →→ 交通事故 弁護士

Copyright © 2014 交通事故で免許失効になるのはどんなとき? All Rights Reserved.